• 手仕事でよみがえるモノ

    by nishimura

    2012年1月27日 12:19
    こんにちは。
    ものづくり展示ホール担当の西村です。

    ただいま県庁第二庁舎ものづくり展示ホールでは、
    第6回企画展「手仕事でよみがえるモノ」開催中です。
    人の手だからできる。人の手でなければできない。
    そんなリサイクル・リメイク製品を集めました。
    手前味噌ですが、けっこうオモシロイです。

    ガラス工房 星耕硝子さんの「リサイクルガラス」
    DSCF5949copy.jpg
    廃ビンを溶かして、新しい器によみがえらせています。
    吹きガラスの技法を用いてひとつずつ手作りする器は、
    日常使いにちょうどよい質感です。
    DSCF5951copy.jpg
    個人的には、この深い青色がお気に入りです。
    独自の配合でこの色を出すのだそうです。

    マルサン鞄店さんの「ミニランドセル」
    DSCF5963copy.jpg
    雑誌やテレビでも時々見かける、話題のミニランドセル。
    6年間の思い出が詰まったランドセルをミニチュア化します。
    ミニランドセルにして飾る以外にも、システム手帳にしたり、
    スマートフォンケースに作り替えて愛用し続けるのも良いですね。

    高和製作所さんの「椅子張り」
    DSCF5974copy.jpg
    長年使い続けて疲れの出た椅子を、新品同様によみがえらせます。
    緑の布地が修復前の椅子、赤の布地が修復後の椅子です。
    見た目はあまり違いませんが、座ってみるとその差は歴然。
    これは是非一度、みなさんに体感していただきたいです。
    今なら、ものづくり展示ホールで座れますよ!
    DSCF5976copy.jpg
    余談になりますが、
    こういう挽き物(ろくろを用いて作る細工物)の脚がついた椅子は、
    間違いなく上等な椅子です。
    こんな椅子がうちの物置で眠っていたなぁという方は、
    是非とも、補修してもう一度使ってあげてください!!
    買い替えた方が安いなんて、嘘だと思います。私は。

    エコリサイクルさんの「家電リサイクル」
    DSCF5969copy.jpg
    使用済みの家電4品目を解体して素材ごとに選別し、
    リサイクル材料としてよみがえらせます。
    年式や形状がバラバラな家電を効率良く分解して、
    無駄なく資源を回収するには、手分解が一番なんです。
    人の手で徹底的にやるからこそ、1台の小型冷蔵庫から、
    こんなにいろんな種類のリサイクル材料が回収できます。

    ものづくり展示ホール第6回企画展「手仕事でよみがえるモノ」は
    1月31日(火)までの公開です。
    土日はお休みなので実質あと2日しかありませんが、
    お近くに御出での際には是非お立寄りくださいませ。

    各社の詳細はこちら。
    ■ガラス工房 星耕硝子さん
    ■マルサン鞄店さん
    ■高和製作所さん
    ■エコリサイクルさん

  • 年頭のご挨拶

    by shoji

    2012年1月 4日 15:12

    2012年
    あけましておめでとうございます。

    See Visionsは本日より、新しい年をスタートさせていただきました。

    旧年中はたくさんの人との素晴らしいご縁に恵まれ、大変実りある年となりました。
    本年も秋田•東京を拠点に、ご縁を大切にして、See Visionsらしく元気一杯に取り組んでいきたいと思います。

    特に2012年は発信型の様々な「できることからプロジェクト」を推進し、
    能動的に社会と関わるデザインを提案していきたいと思っております。

    また秋田での新しい生き方、働き方を模索/実践していきます。
    2012年もSee Visionsを、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    img1-4.png


    2012年1月4日
    彌高神社