• 本日は仕事納め〜グッバイ2021

    by shoji

    2021年12月29日 11:53

    年の瀬を迎え、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


    シービジョンズは、本日仕事納めの日とさせていただきました。(まったく、納められておりませんが・・・)

    スタッフの皆さんは、早々に納めて家族の元へ帰っていきます。(なんだか淋しくもあり、いい時間です)

    「良いお年をお迎えください。」


    さて、いつもと変わらず今年もバタバタとした師走を感じることができました。そんな年末にも来年へ向けて、グッと身が引き締まるようなお仕事のお声がけもいただきまして、なんだか頭がグルグルの年越しとなりそうで、今から緊張しています。w

    でも、これもひとえに、今年ご関係いただきましたの皆様のおかげと感謝申し上げ、期待に添えますようにがんばります。


    2021年も新しい仲間の参入や、卒業、社内の制作体制の改革などもありましたが、動き方がそれぞれ身軽でなんだかいい感じに動いているなと感じましたし、総じてみんなよく働きました!お疲れ様!そして、新しい取り組みとしては自治体の皆様とご一緒できた年でもありました。(男鹿市では駅前広場の指定管理を、美郷町では道の駅美郷の改修業務を能代市では、駅前周辺の空き店舗の活用を)

    今あるものを大きく変化させるのではなく、そこにあるものに光の当て方を変えることではっきりさせるような工夫をしていきたいと思っています!光の当て方・・・エリア・区画といった、見えない線を超えて多くの方々と作っていきたいです。そう思える方々とも出会えた良い年でした。


    個人的には、サウナ・釣りと、そう変わらない毎日を迎えていますが、とても楽しいから良いのです。


    2021年も間違いなく「コロナ下」の動きにくさを感じるものでした。それは仕事だけでなく、生活でも。そして、つい「コロナが終わったら」と思うクセがついていました。でも考えてみたら、どっちかがよくて、どっちがよくない、ということではないはず。そんなことが、この長い「コロナ下」だからこそ気づくことができました。それは、コロナ以前の生活をどうこう言う前に、毎日の出来事は何が起ころうとも、消えたりはしない。「元の生活なんてものはそもそもないんだ」と、腑に落ちて思えるようになったのです。前向きに、そのタイミングのこれからがどう楽しくなるかをしっかりと作り上げていく2022年も、とても楽しみです。



    どうかどうか皆様にとっても良い2022年が訪れますように。

    スクリーンショット 2021-12-29 11.50.31.pngのサムネイル画像